ノウハウ

欲求を刺激するタイトル・文章が書けるコツ

欲求を刺激する魅力的なタイトルほど、興味を引き付けて読まれやすくなります。

なぜなら、読者は読む読まないをタイトルで判断します。

この記事で紹介する「GDTの法則」を、欲求を刺激する魅力的なタイトル作りと文章作りに役立てて下さい。

GDTの法則

文章で何かを伝えるとき、思ったほど相手に伝わりません。

そこで、反応を得やすい言葉を使っていきましょう。

人の心に刺さって、反応を得やすい言葉が分かってくると、自分でブログやメルマガが添削できるようになります。

G・・・Goal(目標)

・時間をかけたくない
・お金をかけたくない
・努力をしたくない

この3つがGに分類されます。

「時間を掛けなくてもできる」
「無料のプレゼント」
「通常10万円が今なら1万円」
「空いた時間で出来る」
「たった1時間やるだけで」

Goal(目標)では、こういった言葉を使うことで、反応を得やすくなります。

D・・・Desire(欲望)

・名誉(名声)
・美、愛
・快適、苦痛が解消

この3つがDに分類されます。

「これを実践すれば、信頼が厚いリーダーになることができます。」
「いつまでも愛され続けるメイク術」
「稼ぐ力を身に付けて、長時間労働からさよならしよう」

こういったイメージや要素をタイトルや文章に盛り込むことで、欲望を刺激するタイトルや文章が作れます。

T・・・Teaser(焦らす)

・好奇心
・希少性
・反社会性

この3つがTに分類されます。

「引きこもりでも、○○で毎月20万を稼ぐ方法とは!?」
「あと2日、これが購入できる最後のチャンスです。」
「ミシュランガイド掲載店が教える、本当は教えたくないレシピ」
「全員がこれを手にできるわけではありません。いくつかの条件があります。」
「夫に絶対聞かれたくない本音トーク」
「覚悟がなければ、続きを読まないでください。」

もっと知りたいという興味や好奇心や欲求をそそる言葉や、期間限定や人数限定という希少性を指す言葉、真逆のものをギャップをもって表現する反社会性の言葉も反応が得やすい言葉です。

全てを盛り込む必要はない

GDTに含まれる欲求を刺激する言葉は、タイトルや文章に適切に散りばめて下さい。
全てを盛り込まなくても、反応は得られます。

GDTには強弱が存在します。
Goal(目標)< Desire(欲求)< Teaser(焦らす)の順に効果が強いです。

現状(いま)を変えるヒントを送るメルマガ