マインド(考え方)

『正しい質問』でメンターに引き上げてもらう!

こんにちは、福井淳史です!

質問することはとても大切なことで、正しい方向に迷わず進むために必要なことです。

僕もメンターに質問を繰り返して、正しい方向に進み続けています。

メンターと接する機会が増えれば、早く成長でき、あなたが成功する確率は上がります。

ここでは、僕がメンターに質問するときに意識していることを解説します。

質問する=「メンターの時間を使う」

ほとんどの人が意識していないことですが、質問するということは「メンターの時間を使う」ということを意識しておく必要があります。

そして、「質問する側」と「答える側」では使う時間が違います。

「質問する側」よりも「答える側」の方がより多くの時間を使っている。

このことを知ってください。

質問する側は、メンターと1対1のやり取りだと考えがちですが、実はそうではありません。

メンターは、あなたの他にも多くの人から質問を受けていて、多くの時間を使って回答しています。

例えば、1人の質問に15分の時間を使って答えているとして、10人から質問を受けると、それだけで2時間30分の時間を使うことになります。

これだけの時間があれば、ブログ1~2記事とメルマガ1通くらいは書けてしまいます。

間違った質問をしない

ざっくりしすぎた質問

「メルマガで稼ぎたいです。どうしたらいいですか?」

こういったざっくりしすぎた質問は、的確なアドバイスを受けることは難しいです。

なぜなら、質問に至った過程や背景が全く分かりません

・メルマガをやったことがあるのか?ないのか?
・すでに商品があって、メルマガを組み合わせて稼ぎたいのか?
・なぜメルマガで稼ぎたくて、何に困っているのか?
・興味本位の質問なのか?

興味や経験、困っている事など伝えるべきことがたくさんあるはずです。

なにを聞きたいのか分からないような質問は、何度もやりとりする必要があり、お互いにより多くの時間を消費することになります。

そして、当然ながらメンター(答える側)も人間なので、本当に困っている人を解決してあげたいと思っているので、こういった質問をする人の優先度は低くなるわけですね。

検索すれば解決するような質問

「メールマガジンてなんですか?」

このような質問は、Googleで『メールマガジンとは』と検索するようにしましょう。

検索して解決するような質問は、「質問する時間」と「回答を待つ時間」が無駄になってしまいます。

ネット検索で解決しそうな質問は、まずは検索してみて下さい。

サービス提供元に問い合わせるような質問

「サーバーの設定が上手くいかないので解決方法を教えてください。」

このような専門的な知識が必要な質問は、サービス提供元に問い合わせることで解決します。

サービス提供元なら、確実な解決方法と適切な回答が返ってきます。

サービス提供元が存在するなら、そちらに問い合わせしてみて下さい。

的確なアドバイスをもらうなら

単純なことですが、『あること』をしてから質問するだけで、正しい質問ができて、的確なアドバイスがもらえるようになります。

的確なアドバイスをもらうなら

実践してから質問する

実践することで、その過程で壁にぶり当たり、上手くいかないことや疑問が湧いてきます。

・記事が長文になったけど、途中で画像を入れた方が見やすいかな?
・○○○したくて△△△をやってみたけど、このやり方はあっているかな?

このように実践したことで湧いてきた疑問こそ、的確なアドバイスが欲しい『本当に質問するべきこと』なんですね。

こういった目的が明確な質問をするほど、答える側も的確にアドバイスができて、あなたが得られる回答は濃くなり、早く成長できるようになります。

まとめ

質問することは、あなたの成長と方向性を間違わないために、とても大切なことです。

そして、メンターに質問する際は、3つのことを意識してください。

①相手の時間を使っている
②間違った質問をしない
③実践してから質問する

メンターも人間なので、時間の価値を認識してくれて、その上で礼儀をもって接してくれる人ほど、大切にしたいと思うものです。

現状(いま)を変えるヒントを送るメルマガ