ノウハウ

○○○に向けて書くメルマガが心に響く

メルマガを書くとき、見込み客(ターゲット)を理解することが重要です。

これを理解して作るメルマガは相手の心に響きやすくなります。

見込み客(ターゲット)

見込み客、ターゲットとも言いますが、テクニックよりも重要な考え方になります。

見込み客(ターゲット)とは、あなたの商品やサービスに比較的関心があり、購入する可能性がある人のことを言います。

または、あなたの商品やサービスを購入してほしい購入層のことを言います。

見込み客の気持ちを理解する

メルマガは見込み客の気持ちになって、あなたの言葉で書くことが重要になってきます。

見込み客(ターゲット)は、
・何を考えているのか?
・何を欲しているのか?
・何を悩んでいるのか?
・どのレベルのなのか?
・どのような言葉を使うか?

見込み客(ターゲット)の気持ちが反映されていないと、誰に書いているのかよく分からないメルマガになってしまいがちです。

見込み客は1人

メルマガを書くときに、特に意識してほしいことがあります。

メルマガは大勢の人に送りますが、1人に向けて話しかける意識を大切にして下さい。

例えば、このブログでも動画でも「あなた」とは言っていますが、「皆さん」という言葉を使っていません。

なぜなら、あなたに話しかけているし、あなたに学んでほしいし、あなたの悩みを解決したいと思っているからです。

テクニックよりも大切なこと

コピーライティングのテクニックは数多くありますが、テクニックよりも大切なことがあります。

それは、1人1人を大切にして、1人1人のことを考えて文章を書くことです。

困っている人の悩みが解決されて、明るい未来になってほしいという熱い思いが心に響く文章になります。

現状(いま)を変えるヒントを送るメルマガ