無料レポート

ダウンロードされやすい無料レポートを狙って作る方法

レポートをリサーチする

ダウンロードされやすいレポートを作るには、求める情報が載った質の高いレポートを作る必要があります。

質が高いレポートを作ることも重要ですが、それに加えて多くのユーザーが欲しがる情報が掲載されたレポートであることも重要です

ランキングのレポート

「新着ランキング」や「スタッフのおすすめ」に掲載されているレポートは、ダウンロード数が多い人気のレポートであったり、注目されているレポートや質の高いレポートになります。

これらに掲載されているレポートをダウンロードしてみて、「内容」「タイトル」「説明文」をチェックしてください。

共通点や興味を引く言い回しが見つかるはずです。

それらをレポートに盛り込みましょう。

あなたが気になったレポート

「新着ランキング」や「スタッフのおすすめ」に掲載されているレポートはもちろんですが、その中でもあなたが個人的に読んでみたいと思うレポートがあれば、それは他の人も読んでみたいと思っている可能性が高いです。

あなたが読んでみたいと思った理由を書き溜めて、あなたのレポートに盛り込むことで、多くの人が読んでみたいと思うレポート作りの参考になります。

誰も出していないレポート

毎日のように掲載される新着レポートやランキングを見ていると、扱われているテーマに偏りがあることに気が付くと思います。

あなたも同じようなテーマでレポートを作成しても、ライバルが多くてダウンロードされない可能性が高くなります。

新着レポートやランキングに「せどり」について書かれたレポートが複数あれば、別のテーマでレポートを書くことで、目に留まってダウンロードされやすくなります。

また、新着レポートやランキングは更新されるので、その時々で、よく扱われているテーマも変化していきます。

誰も扱いっていないテーマだとしても、「需要がないから誰も書いていない」ケースもあるので見極めは必要です。

ダウンロードされるレポートとは

ダウンロードされるレポートは、「タイトル」「表紙」「説明文」の3つが重要になります。

もちろんレポートの中身も大事ですが、中身はダウンロードされるまで見てもらえません。

利用者がレポートをダウンロードするかどうかはタイトル・表紙・説明文で判断されます。まずは、ダウンロードされるために「タイトル」「表紙」「説明文」で利用者の『興味をそそる』ことが重要なのです。

タイトル → 表紙 → 説明文 の順で作る

レポートのリサーチをしていると分かると思いますが、レポートで1番目立つのは「表紙」です。

ですが、タイトルが決まっていないと表紙のイメージが湧かないと思います。

まずは、タイトルを決めてから表紙作りに取り掛かりましょう。

表紙は、レポートの雰囲気に合う画像にしてもいいですが、オリジナル表紙を作った方が読者の興味を引き付けやすいです。

そして、最後に説明文を作っていきます。

説明分は、200文字に文字数制限されています。

タイトル・表紙で興味を引きつけて、説明文でダウンロードを決断してもらうので、より魅力的なものを意識しましょう。

また、説明文は文字数制限いっぱいの200文字書くことをおすすめします。

文字数が多い方が、レポートが掲載されたときの表示面積が広くなるので、他のレポートより目立ちます。

欲求を刺激するタイトル・文章が書けるコツ 欲求を刺激する魅力的なタイトルほど、興味を引き付けて読まれやすくなります。 なぜなら、読者は読む読まないをタイトルで判断し...
プロ並みのデザインを5分で作る!無料デザインツール『Canva(キャンバ)』多彩なテンプレートと直感的に使える操作性で、デザイン初心者で超簡単にプロ並みのデザイン画像を作成できる『Canva(キャンバ)』について...

まずは完成させること

最初から完璧なレポートを作ろうと気張らなくてもいいです。

レポート作成に慣れていないうちは、完璧なレポートを作ることよりも、「まずは完成させる」ことを意識して作りましょう!

数をこなすうちに、慣れてきて上達していくし、短時間で高品質なレポートが作れるようになります。

レポートにする内容に悩んだときは、こちらの記事を参考にしてください。

無料レポートの内容(コンテンツ)に悩んだら見て欲しい!レポートにする内容(コンテンツ)とは? どんな内容のレポートにするかは、どんな情報発信をしているかで変わります。 レポートをダウ...
現状(いま)を変えるヒントを送るメルマガ