メルマガ

MyASP(マイスピー)のフッター設定を使って作業時間を短縮

フッター設定とは

フッターとは、メルマガの最後に入力する定型文を自動で挿入する機能です。

僕のメルマガだとこんな感じです。

このフッターをメルマガを作る度に入力するのは時間と手間が掛かります。

フッター設定をしておくことで、入力の手間を省くことができます。

フッターに書いておきたいこと

あなたのメディア情報

できるだけ多くの優良な情報を伝えていきたいですよね。

フッターには、ブログのURLとSNSのリンクは張った方がいいです。

ブログで発信している情報と、SNSで発信している情報は違うはずです。

ブログからメルマガ登録してくれた人は、SNSでも情報発信していることを知らないかもしれません。また、SNSからメルマガ登録してくれた人は、ブログを読んでいない可能性もあります。

メルマガ読者さんが、必ずしもあなたのメディア全てを把握しているとは限りません。

メルマガのフッターにURLやリンクを張ることで、別のメディアにも飛んでもらえるようにしてましょう。

メルマガに必ず記載すること

配信するメルマガには、「特定電子メール法」という法律が適用されます。

法律に則ってメルマガ配信をする為に、以下の2つは必ず記載してください。

・メルマガ解除リンク
・配信者情報

フッター設定しておくことで、記載を忘れるリスクを回避できます。

「特定電子メール法」については、こちらをご覧下さい。

メルマガ配信の法律!『特定電子メール法』とは?「特定電子メール法」という法律があります。 特定電子メール法は、適切なメール配信を行うための法律で、メールマガジンの配信に関係して...

フッター設定方法

①フッター設定するシナリオを選択

MyASP(マイスピー)の管理画面の左側メニューから「メルマガ管理→メルマガ一覧」をクリックして、フッター設定したいシナリオを選択します。

②フッター設定画面を開く

シナリオ管理メニュー画面に切り替わるので、「その他メール設定→メールヘッダー・フッター設定」をクリックします。

③フッターを入力する

「ヘッダー」と「フッター」の2つの入力欄の内、「フッター」欄に定型文にする文章を入力します。

④配信者情報のURLを張る

メルマガ配信の法律!『特定電子メール法』とは?「特定電子メール法」という法律があります。 特定電子メール法は、適切なメール配信を行うための法律で、メールマガジンの配信に関係して...

このブログ記事の目次「特定電子メール法を守る準備」を参考に、配信者情報を入力した固定ページを作成してください。

あとは、作成した固定ページのURLをコピーして、フッターに貼り付けるだけです。

⑤メルマガ解除リンクを張る

「置き換え文字→配信解除・アドレス変更リンク→2クリック解除リンク」を選択してください。

これでメルマガ配信解除リンクのコード「%cancelurl%」が挿入されます。

この挿入されたコードは変更しないでください。変更すると解除リンクが正しく表示されません。

現状(いま)を変えるヒントを送るメルマガ