ノウハウ

パーマリンクを設定しよう

WordPressのインストールが完了したら、最初にパーマリンクの命名規則を設定しましょう。

ブログ記事を公開後にパーマリンクを変更するとさまざまな問題が生じます。

このブログを作った頃の僕は、パーマリンクのことを知らずにブログ運用を開始したので、パーマリンクは初期設定のまま運用しています。

安易にパーマリンクを変更すると、ブログが表示されないなどのエラーが発生します。ブログ運営開始前(記事投稿を始める前)に設定しましょう。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、各記事ごとに設定されるURLのことです。

赤枠で囲まれている箇所がパーマリンクです。

WordPressインストール直後のパーマリンク設定で、記事を書くとパーマリンクは上の画像のような数字と記号で表記されます。

数字と記号の組み合せのパーマリンクだと、ブログ訪問者の使い勝手に影響があったり、書いたブログ記事が検索結果に表示されにくくなると言われています。

なので、Wordpressインストール直後にパーマリンクの命名規則を設定しましょう。

パーマリンクの設定方法

パーマリンク設定画面を開く

WordPressの管理画面の左側メニューから「設定→パーマリンク設定」をクリック。

共通設定の中の「カスタム構造」を選択して、「%postname%」のタブをクリックします。

最後にページ下部の「変更を保存」をクリックして完了です。

記事書いたら毎回変更する

記事を書いたときは、毎回パーマリンクの変更が必要です。

記事投稿画面から、赤枠で囲んだ「編集」をクリックして、設定したいパーマリンク名をアルファベットで入力してください。

変更しないと記事のタイトルがそのままパーマリンクになります。

日本語でも入力できますが、ページがエラー表示される可能性があるので必ずアルファベットで入力してください。

・記事を書いたら必ずパーマリンクを変更する。
・パーマリンクはアルファベットで入力する。

簡単なパーマリンクの決め方

Google翻訳を使う

パーマリンクは日本語で決めた記事タイトルを英語にして入力しましょう。

Google翻訳を使って、翻訳するのが簡単です。

Google翻訳に記事タイトルを入力して、変換された英単語をパーマリンクとして使います。

記事タイトルが長い場合は、記事内容に合うキーワードをピックアップして翻訳した単語をパーマリンクにしましょう。

例)
記事タイトル:「誰でもできる簡単Wordpressの設定方法」
パーマリンク:「Wordpress setting」

現状(いま)を変えるヒントを送るメルマガ